新・あっちゃキャンバスのブログ

お仕事絵や趣味創作のことなど、プライベート日記でもあります。

山小屋キャンプ

本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ



ゴールデンウィークの5月4日〜5日はお友達家族と市営の野外活動センターへキャンプに行きました。

最初は定員7名のバンガローを2棟借りて家族それぞれ泊まろうと思ったんだけど予約がすでにいっぱいで取れなかったので山小屋を一棟予約しました。
30人用のでっかい山小屋を7人(大人4人子供3人)で貸しきることに(^^)。一棟11000円なので友達家族とわりかんで一家族5500円。

いざ行ってみたらホント広い。30人分のベッドがあるくらいだから当然といえば当然だけど。

(左側にも二段ベッドが並んでいる)
小学校の林間学校で使うところなのでダンナさんも昔泊まったことがあって、何年か後には娘も泊まりに行く予定(親子2代で同じ小学校)。
トイレも二つついてるし(ひとつは身障者用なので広くてしかも暖房便座^^)洗面台も二つあるし、家庭用の冷蔵庫もある。
棟のすぐ横に専用の屋根つきのバーベキュー施設もあってそこでカレーとタンドリーチキンを作って食べました。
前日からみんなで打ち合わせして、無駄のないようにいろいろ考えて手分けして持ち物を用意しました。包丁を使う素材は家で切ってきたり直前に買うものをリストアップしたり。おかげでスムーズに作れてご飯も美味しく炊けたし、カレーも甘口(子供用)と中辛と鍋をわけて、ちょうどいいくらいの量が出来たし、タンドリーチキンも美味しく焼けました。で、食後はやかんでお湯を沸かしてドリップコーヒー^^。

翌朝も薪で焼いたホットドッグを作っていただきました。
カレーが余ってたのでカレーもパンにつけて食べて完食。(カレーは冷蔵庫があったので保存しておけた)で、やっぱり食後はドリップコーヒー^^。

今回、紙コップはたくさんあってもいいってことを学びました。うがい用につかったり、歯ブラシたてに使ったり、お皿代わりに使ったり、いろいろと使えるのでたくさん持っていったら良かったって思いました。
あとスプーンやお箸や紙皿も。洗うのは簡単なんだけど「乾かす」っていう行為がすぐにできないって思いました(ふきんがない)。やっぱり使い捨てのほうが使いやすいのかなー。それかキッチンペーパーをたくさんもっていったらよかったかな。そうするとゴミ袋がいるしなー。

お風呂はなくてシャワー(お湯3分100円)が離れたところに個室であるので(男女9室ずつ)そこまでみんなで歩いていきました。3分って案外早くて200円分必要でした。念のため2枚持っていってよかった…。

寝床は30床。7人で寝るには広すぎる^^。みんな好きなところで寝ました。小2の娘と小2のお友達長男くんは一緒に並んで寝て、幼稚園のお友達の次男クンはお母さんと一緒に並んで寝て、あとは適度に離れて寝ました。でもみんな2階部分でした。やっぱり二階のほうが開放的だからかな。

敷布団はなくて毛布2枚で敷き用と掛け用にして自分はシーツにくるまって寝るってところが野外活動らしいって感じ。
昼間は川で遊べるくらい暑かったのに夜になると冷えてきて朝方になるとホント寒くて毛布一枚じゃ足らなくて。余ってる毛布をもう一枚ずつ下と上に敷いてそれでも寒くて、念のために持ってきた冬用ジャケットを着て腰に使い捨てカイロを貼って(笑)ようやく眠れたっていう感じ(私だけ?)。山の寒さをなめてはいけないって実感しました。
最初はジャケットも使い捨てカイロも持っていくつもりじゃなかったのに(暖かい日が続いてたし)、出発直前になぜか思いついて咄嗟にかばんに入れて結局助かりました。なかったら風邪ひいてたかも。折りたたみ傘も翌朝に雨が降ってて思わず役立って、助かりました。ギリギリの判断で持っていったものが大当たりでした。

それにしてもバンガローよりほんと山小屋で良かった!^^。二家族でゆったり過ごせました。

遠出をしたわけじゃないのに山の中で自然にふれて別世界に行った気分。いい気分転換になりました。GWの渋滞にあわないですむので良いレジャーです。
去年もたしか渋滞に合わずに旅行へ行けた気がするなー。(過去ブログを見ると)あ、三重の鈴鹿サーキットかあ。もう一年前なのかあ。
月日が過ぎるのは早いです。


次回の参考にちょいメモを書き残しておきます。
良かった点
・バンガローより山小屋で良かった!トイレもあるし、冷蔵庫もある。広々。
ごみステーションがあるので生ごみを持ち帰らなくて良い。
・山小屋は洗面所が二つある。更衣室にもなる。
・警備員さんが常に見回りしてくれているので安心。(夜中はいないけど)
・事務所の方々の雰囲気がいい^^
・どこも混雑することがなかった(シャワー室や炊事場)

こうしたらいいかも!な点
・お友達の子供にアレルギー反応がでた可能性あり。
 最初は目にごみがはいっただけかと思ったけど目の周りが真っ赤になってて、もしかしたらハウスダストかもって。
 対応策としては山小屋に着いたときにも掃除機をかける。自分の使う毛布にも掃除機をかける。
・洗面所に専用ティッシュとタオルを置いておくといい。
・紙コップとスプーンはたくさん持っていく。
・私には枕が高かったので自分用枕を持っていく。
・5月でも夜中は寒いので冬用上着を持っていく
・スポンジは4個くらいあってもいいかも。
本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ