新・あっちゃキャンバスのブログ

お仕事絵や趣味創作のことなど、プライベート日記でもあります。

ハムスターが天国へ

本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ

大晦日にブログで載せていたハムスターのケリーちゃんが今朝亡くなっていました(TT)。あまりの突然の出来ごとで驚きと悲しみでいっぱいです。他の出来事をブログに載せようと思ってたのに急遽この内容に…。

朝6時半ごろ娘と一緒にケリーちゃん(ハムスター)の様子を見に行ったら、かごの中の中央あたりで横たわって息絶えていました。

↑中央の床材のない場所に横たわっていました(TT)。

そこはヒーターの暖かさがある場所なので、とっさに「ケリーちゃんっっ!?」って抱いたとき身体が暖かかったのでまだ生きてると思ったのですが、目は半開きでピクリともしなくて死んでいるとわかりました。毛並みもいつものようにキレイなのに…。ただ体に砂がついてました。
砂場で寝てしまったのかな?それで冷えてしまったのかな?暖かい場所の中央まで歩いてきたけどもう間に合わなかったのかな。とかいろいろ考えるけど原因はわかりません。昨夜まで元気に回し車をずっと走っていて(日ごろより活発に動き回ってたくらい)エサも食べていたし。。。

けど昨日の朝、いつものように手のひらに乗せて抱いたら珍しく噛んだんですよね。でもほんの甘噛みで…。
そういえば…と思い出せばいろいろとああすれば良かったのかな?これがいけなかったのかな?とか考えがめぐるけど原因はハッキリしません。

飼いだして半年足らず。生まれて半年。平均寿命(約2年)には早すぎます。でも痛み苦しむことなく安らかなキレイな顔・身体で逝ってくれたので幸せな人生、ハム生?だったと思いたいです。飼い主に心配かけることなく逝ってくれたのも飼い主孝行な子だったなと思います。

今朝は娘と一緒に発見したので、娘(小学一年生)も大泣きだったのですが(私も?)、学校へ行く時間帯には何とか立ち直ろうと、死んだケリーちゃんに手紙を書いたり、「天国へ行っただけだから平気!」と言って気丈にふるまったりしてました。なんとか涙を止める方法を探したり、悲しくならないような工夫をして学校へ向かってました。
小学一年生ながら悲しみに出会ったときの心の持ち方を一生懸命探ってる姿はちょっと感心しました。
でも学校へ行ってから教室でふとした拍子に思い出して泣いてしまったみたいです(^^)
私も学校へ送り出してから泣いてしまったので仕方ない(笑)。よく考えると私も娘と行動パターン一緒だわ(笑)。

↑娘が書いた手紙
「ケリーちゃんへ
まいにちいきててくれてありがとう。ケリーちゃんはまいにちうんどうしてるけどたべてるからどっちかわかんない?
けどケリーちゃんすきだからいっしょうわすれないよ」
(「どっちか」とは?ツっこみたたくなるトコ満載だけど突っ込める状況ではない(泣笑)。最後に手紙をハートに折っていました。)


私は似顔絵の仕事を後回しにして(え@@)、ケリーちゃんの絵を描いてメッセージを書いて、そしてお花を一輪買ってきて、庭に埋葬する準備をすすめてました。そうやって私も悲しみから抜け出そうと心の整理につながる作業をしてたんですね。
でも洗濯物をベランダに干す時にいつもケリーちゃんのかごの中を見てしまう癖があって今日は家の中にもいないし、回し車を走ってもいないし、「出せーっ!」ってかごをガリガリする姿もない…。タオルにくるまって横たえた姿のケリーちゃんが側にいるだけで…。今日はさすがにケリーちゃんのかごの側に行くのがつらかったです。

夕方娘が帰ってきてから、庭に埋葬してあげて、かごの中も掃除したら、すこし気持ちが落ち着きました^^。娘はまだまだ涙がとまらないみたいですけど。ハムスターの死でこんなに悲しかったら、犬や猫だったらどうなるんだろ…。


↑埋葬準備
・綿100パーセントの生地(身体を包んであげる)
・ケリーちゃんの絵にメッセージを書いて。
・娘からの手紙
・ケリーちゃんが食べていたエサ少量(ペレット、ひまわりの種など)


庭の土をスコップで掘って…(娘はずっと号泣)

土をかける作業は娘が「したい」というので任せました(「ありがとね」と泣きながら土をかけてました)。

で、なぜか最後は石を円状に置いてました(なぜ?)


ほんとケリーちゃんのおかげでハムスターの魅力を知りました。たくさんの癒しを与えてくれてありがとう。天国でいっぱい遊んでね。
本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ