新・あっちゃキャンバスのブログ

お仕事絵や趣味創作のことなど、プライベート日記でもあります。

エアコンのフィルターが…

最近ずっと喉が痛くて声が枯れ気味。治ってきた!と思ったらまた悪化…。エアコンをつけた時になんとなく悪化している気がして、もしやフィルターが汚れてるのかな?と思って3年目にして初めてエアコンのカバーをはずしてみました。

エアコンはダイキンの自動フィルター掃除機能付なので「10年間お手入れいらず!」が売りのモノ。
だから使い始めてから今回がはじめてのカバーはずし。

なんと!カバーを開いてみると!
フィルターが下の方に巻き込まれた状態のままで上がひしゃげていました。だから本体自身がほこりまみれに!フィルターが全然役目を果たしていなかったのでエアコンに直接ほこりがかぶっていました@@
いったいいつから巻き込まれてたんだろう…「お掃除いらず」を信じていただけに3年間開いたことなかったものだからわからない。

でもこのままではフィルターはひしゃげて使えないし本体はほこりまみれだし、でも暑くなってくるしであわててメーカーのダイキンさんに問い合わせたらとても丁寧に対応してくださって、今日の昼点検しにきてくれました。

結局、どういったいきさつでいつフィルターがひしゃげたかは不明。
エアコンを取り付けてくれた工務店にも連絡しなきゃいけないのかなーと思ったけれど、ダイキンさんから来てくれた方がエアコンの見える部分は出来るだけおそうじしてくれて、フィルターも無償で交換してくれて、出張費もすべて無料でしてくれました。出張費くらい覚悟してたんだけど。
「これでもまだ何かあった場合はすぐお電話ください。お掃除ロボットごと交換することになりますので」と、名刺をくださいました。

で、作業中、その方がいろいろ教えてくれました。
「10年間おそうじいらずっていうけれど、取ったほこりをためるダストボックスというのがあってそれはちゃんとワンシーズンごとにチェックしたほうがいいですよ。私も「10年間お手入れいらず!」はちょっと疑わしいと思います」みたいなことや、
「エアコンクリーニング屋さんに頼むのは夏よりも秋とかヒマになったときの方が丁寧にしてくれますよ。そして出来ればお家にご主人がいるときのほうが緊張感を持ってしっかり掃除をしてくれるかも。」みたいな。「ロクに掃除をしないままでもカバーをつけちゃえばわからないし、ヒドイ業者もいますから」

なるほどー。

そして台所と続き間にあるエアコンは油もいっしょに取り込みやすいので2年に一度くらいはエアコンクリーニング業者さんにお掃除を頼んでもいいかもしれませんね。みたいなことも。

エアコンのクリーニングをクリーニング業者に頼んだことなんてなかったので、っていうか発想になかったので今回のエアコントラブル?で初めてエアコンって繊細なものなんだとわかりました。
たまに気にかけて内部を乾燥とかしないと簡単にカビが発生するらしい。確かに送風口に黒カビが…今回拭き取ってくださったけど。
あ、あとヤマダ電器にダイキンのエアコンを売ってない内部事情とかも教えてくれたり(笑)

でもエアコンを取り付ける人、掃除をしてくれる人は、選びたいなーって思います。選べたらいいのにって思います。家に入ってくるわけだから。

大手量販店でエアコンを買うと取り付けにきてくれるけど、雑でイヤな思いをしたことが過去に2回ほどあって。
一度は私の部屋にエアコンを取り付けるときにカーテンレールの端っこを壊したこと。それは仕方ないけど(失敗は誰にでもあるから)それを黙ってそのまま帰ったこと。(まだそのときは私は10代の子供だったので親にも言わなかったけど。)
あと結婚してからしばらく賃貸住宅に住んでてエアコンを取り付けにきた業者が、切ったパイプ?をそのまま外に放って置いて帰ったこと。
せめて後片付けはきちんとしてください。
だからエアコンを取り付けてくれる人は選びたいです。壁に穴を開ける作業もあったりするワケだから。

けど今回のダイキンさんから来てくれた方はイイ方で^^。次回も何かあったときはこの人に頼みたいな。名刺を取っておこう。

まあ、今回のコトは人によっては「自動で掃除するフィルターが不具合で不良品だったんだから本体ごと交換してくれ!」って言う人もいるかもしれない。(私の父ならそう言いそう(笑))確かに原因がわからないまま不具合状態になってたからそれもアリかもしれないけれど…
けど今回はダイキンさんの対応がとても丁寧だったし出来る限りのことはしてくれたと思うのでそれを求めるのはやめとこう。それにそうなると家をつくってくれてエアコンを取り付けてくれた工務店さんも巻き込むことになりそうだし。日頃お世話になってるので。(昨日もお世話になったとこ)

それに何より、エアコンが復活して順調に動いてくれてるみたいだから良し。^^