読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・あっちゃキャンバスのブログ

お仕事絵や趣味創作のことなど、プライベート日記でもあります。

ネットで書道教室

今日はひっさびさに書道をしました^^。(中学生以来かも。ということは20年以上ぶり…?汗)
と、いうのもきっかけがあって、私の好きな書道家さん、武田双雲さんがネット上でライブ書道教室をしてくれるという企画( マナビューイングhttp://manaview.jp/)があって、今回は「被災地の方へ書で言葉を贈ろうプロジェクト」ということで1000名が受講できるということで申し込みました。

書く文字は「希望」。あとは自分で考えた言葉。
でも急に参加する気になったので道具がなくて、実家にあった(眠ってた?)筆を借りて、子供のラクガキ帳に書きました。なんか書道の神様がいたら怒られそうだけど(笑)今回は「祈りをこめて想いを込めて文字を書く」ということをしたかったので、道具は二の次でいいや、と思って。でも借りた筆も相当パリパリでほんと先われがひどくてかすれまくりで(笑)。でも「想いを込めて書く」という体験ができたので良かったです。




被災者の方へ向けて書く言葉がテーマだったけど、今の私にもぴったりの言葉で。最近、過呼吸になりやすいのでちょっと苦しくなりそうになったら「希望」や「大丈夫」などの前向きで寄り添う言葉を見ると落ち着きを取り戻せるかも、と思って。だからホントに想いを込めて書きたかったんです。

今度は「祈りを込めて想いを込めて」絵を描きたいと思ってます。今までもそう思って描いていたけど、今は今まで以上にその想いが強いです。
それはたぶん過呼吸を経験して、何気なく送れる日常がどれだけ恵まれてることか、感謝しなければいけないことかを実感したから。
朝起きて普通に呼吸ができる、どこも痛くない、苦しくもない、それがどれだけ嬉しいことかを実感したからです。

過呼吸はもうイヤだけど、なりたくないけど、こんな想いを持たせてくれたことに感謝しています。

武田双雲さんの名言「ダカラコソデキルコト」というのがあるんだけど、苦しい体験さえ前向きに活かしていけたら、と思います。