読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・あっちゃキャンバスのブログ

お仕事絵や趣味創作のことなど、プライベート日記でもあります。

パンフレット用のイラスト

ある会社のパンフレットに載せるイラストを描いてみてくれないか?と頼まれたので、描いてみました。
家のイラストです。
「指定する商品を取り入れながら、夢のある家の絵を…」ということで、こんな絵になりました。(実際はA4サイズ)久々に水彩絵の具を使いましたよ。

家のデザインはちょっと洋風の家をネットで探してきてそれを参考にしながら自分なりにアレンジして描きました。
結果、この絵を気に入ってくれたんだけど本当に採用されるのかわまだわかりません^^。
でも実はこれは2作目で1作目はボツ。
1作目はコレです。コレ↓

ボツ理由は…ちょっと雑に描きすぎ。ということで。
でもこれは私がわざと意識して雑というかラフっぽく描いたんだけど。

だってこのイラストの前にパンフレットに使う小さめの挿し絵をちょっと描いてみてっていわれたんで、描いたたんだけど、
この絵を見て「丁寧に描きすぎ」って言われて、(コレ↓)

じゃあ次はわざとラフに描いたら(コレ↓)

「うん、こんな感じでOK」っていわれたものだから、家のイラストもラフっぽい感じがいいのかなあって思って描いたら、ボツってしまいました。
頼まれて絵の描くときの難しさって相手がどんな絵を望んでいるのかを読み取ることがすごく難しい。相手の言葉だけでは十分なイメージが伝わってこなくて、相手が頭の中に具体的にどんなイメージをしているかがわかりにくい。しかもそれはイメージはなんとなく出来てるけど言葉で言われたとおり実際に絵に描いたらちぐはぐでおかしい絵になる場合もあったりするわけで。だから本人以上に本人が望んでる本質の部分をとらえることが必要だったりして。でもだからこそ相手が望んでる絵を描けたときは本当に嬉しくて!^^
なんか以前に美容師さんの言ってた言葉を思い出すなあ。「『こんな髪型にして』っていうときは言葉で説明するよりも望む髪型の写真を持ってくるほうがいいですよ。』って。
やっぱり言葉だけでは具体的なイメージって伝わりにくいんですね。

では、まだまだ描かなきゃいけない挿し絵があるのでぼちぼちと?頑張って描いていきます^^。
(※イラスト内の[accha]の文字は念のため転載防止のためにつけたものです。オリジナルのイラストにはありません。)