新・あっちゃキャンバスのブログ

お仕事絵や趣味創作のことなど、プライベート日記でもあります。

家の取材がやってきた

先日(といっても5月初旬)設計士さんを通して我が家を建築雑誌に載せたいということで取材がありました。
最初は軽〜く考えてて日取りもとりあえずいつでもいいって言っておいたんだけど、よく聞くとわざわざ東京から取材に来るっていうから、けっこうものものしいかも…。でも設計士さんと家がメインで、私たち家族にはインタビューのような取材はないので、あまり構えずに済みました^^。

でも取材ということは家の中の写真を撮るということなのでどこまで片付けていいのかわからず、とりあえずいつものままに。。。しておいたら!見事にモノを撤去されてしまいました!(笑)
台所においては分別のゴミ箱、鍋のフタ、フタ置き、まな板、布巾かけ、タオルかけに掛かってたタオル、冷蔵庫のマグネットやメモ、食器カゴ、換気扇に貼っていたフィルターまで!(笑)
リビングにおいてはゴミ箱、リモコン類、ティッシュペーパー、マガジンラック…「生活感がない」どころか「生活できない」レベルまでモノがない状態に@@(笑)

家の取材ってこんな感じなのかな〜と思ったけど、やっぱり撮る人や建築雑誌の趣旨によるのかな。
男性目線と女性目線でも違うし。男性は家に「くつろぎ」を求めるけど、女性は「家事がしやすいかどうか」を重要視するし。
たぶん今回は男性が好むような家の撮り方かも。
たしかに昔、建築雑誌を観てたら「いったいこの台所は洗った食器はどこにおくの?!」とか「炊事で濡れた手を拭くタオルはどこ?!」とか突っ込みたくなる写真を何回か観たことあったけど、やっぱりそれは今回のように撮影のために片付けてたのかな?^^

「ユメ」を見せるか「生活」を見せるか。家の雑誌には2通りあるのかも^^。



1階の義母世帯リビング。観葉植物の緑が映えてます。普段はそこはマッサージチェアが鎮座していて、皆で力を合わせてのけました。^^。



私が住まう2階のリビング。机の上には麦茶(演出用)とお義母さんが朝に活けてくれたテッセンの花。いつもはティッシュケースとリモコン類が置いてます。遠くにボヤケてる黄色いヤカンは撮影OKだったもよう^^。



撮影から脱衣所に追いやられたモノたち(笑)