新・あっちゃキャンバスのブログ

お仕事絵や趣味創作のことなど、プライベート日記でもあります。

入園用品準備

最近、娘(3歳)の入園用品の準備をしてます。コップや歯ブラシや食器を用意したり、すべてのものに名前を書き入れたりとこまごまとした作業が続きます。
今回はお弁当箱(または給食用の食器)を入れる袋を準備中。この間の土曜日にお弁当箱袋を買ってみたけど、お弁当箱のサイズにぴったりすぎて今の娘の手では箱が取り出せないということが判明。(><)そっかあ、園児にはちょっと大きめの袋じゃないと出せないんだな、と判りまた買いなおしか…と考えてたところ、以前ジャスコで購入し余っていたきんちゃく袋を発見!さっそくお弁当箱を入れてみると(ミスド景品のなつかしきポンデライオンのお弁当箱)生地は薄っぺらいし、たてが長すぎて、どうみても合わない…というワケで却下。

やっぱり買いなおしか…と思ったけど、「よし!こうなったらこのきんちゃく袋を縫い直して使おう!」と節約?魂を奮い起こしてミシンを登場。

まず家に余っていた生地を使って厚み補強。陶器の食器も入れたりするのでどこかに当てて割れたりすると危ないので二重に生地をあてて縫う。


そして底の部分にお皿やお弁当箱でもすんなり入りやすいように底端を三角に折ってマチをつくる。そして高さも折り縮めてミシンで縫う(最初は生地を切って縮めようかと思ったけど折って縫ったほうがラクだし、キレイな仕上がり。)このとき裏地の端部分も一緒に織り込んで縫うと端糸がほつれない。


裏返すと底の部分がしっかりマチになってる。


お弁当箱を入れて出来上がり!

一から縫って作らなくても、また何度も買いなおさなくても、すでにあるモノをちょっと細工してみるとけっこう望んでいたモノが出来たりするんですね。
バンザイ!「なんちゃって手作り」(笑)