新・あっちゃキャンバスのブログ

お仕事絵や趣味創作のことなど、プライベート日記でもあります。

中谷美紀(似顔絵)と「繕い裁つ人」

本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ


先月から公開された映画「繕い裁つ人」(つくろいたつひと)を見てきました。


先日NHKの「あさイチ」を見てたら、中谷美紀さんがゲストで出演されててお話しているのを聞いていたらとっても観たくなって1人で映画へ行ってきました!
日頃はドラマ・映画をめったに観ないんだけどこれはすっごく観たくなって。(友達誘おうかと思ったけどこの映画は一人で見たい気がして。でもママ友さんと偶然会った^^)


ホント期待どおりのステキな映画でした!

私は「期待を裏切る!」とか「予想もつかない!」とか「見たこともない!」とかいう修飾語のつくモノはちょっと苦手なので「期待どおり」っていうのは嬉しいのです。
その延長上に「期待以上」がたまにあったりして「気づき」をもらえたりして本当にステキな世界観があふれてた映画でした^^。


「光」の使い方がとても美しくて…。でてくるモノがすべてあたたかみのあるもので、人の想いと手間を通して産まれたものを感じて^^。
なんか途中でジーンときて涙がでそうになりました。


こういう職人さんたちが豊かに暮らせる国になればいいのになー。

わたしもちゃんと「お気に入り」を持って生きる人生を目指そう…。



いい感動のあったその日のうちに、中谷美紀さんを描きたい!と思って似顔絵を描きました!!
市江を演じる中谷美紀さんがほんとステキだったんですよねー。


ただ!!


美人を描くのは難しい!!



ていうのが似顔絵の定説。


だけど今の感動した私なら描けるはず!!と思って描きました!
…のが上の似顔絵です^^。制作時間1時間ちょっと。



…って本来のお仕事の子供の似顔絵も描いていますー(汗)
なぜか忙しいときほど余計に無駄なコトしたくなるんですよね。映画行ったり。4コママンガ描いてみたり…。
でも結局活力になるからムダではない(はず(^_^))

本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ

釣り(4コママンガ)

本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ


ええ…使いましたけどね。


次、鼻毛を切るときに魚くさかったとしても私の責任ではありません。^^
本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ

献血(4コママンガ)

本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ


フィギュアスケートの羽生選手がCMで「ハタチの献血」キャンペーンをしているのを見て、私もしてみたい〜って思いました。(ハタチではないけど^^)


出来る人はそれだけでスゴイっ!
素直にそう思います。


ダンナさんは昔は献血の常連さんだったらしいんだけど、途中で思わぬ条件ができて献血できなくなってしまいました(狂牛病が発症した欧米諸国に滞在歴があるとアウトらしい)。
私は献血する前の検査?でヘモグロビン量が足りなくてアウトでした。低血圧(先日、病院ではかったら上が86!だった@@)もひどいので血抜いたらヤバイことになりそう。


他人のことより、とりあえず自分の身体をなんとかしろっていう…。
血を増やしたいので今日は朝はほうれん草、昼は小松菜食べてました^^。(鉄分鉄分)
本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ

DV?(4コママンガ)

本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ
関西にはツッコミという風習がありますが…
私とダンナさんが話していたら

ダンナさんのツッコミは痛いんです。自分では軽いつもりのようだけど叩かれるほうはけっこう痛い><。それで娘も何度か泣くハメになっていたので「たたくのはやめてほしい」って真剣に伝えたら最近はやめてくれました。^^ホっ。


あ、DVの正式名称はドメスティック・バイオレンスです。念のため。



ちなみにダンナさんが似ているのは


青系なら「ドラえもん」、
黄色系なら「くまのプーさん」、
人間系なら「佐々木健介さん」



…ヤバイダンナさんに読まれたら怒られる(汗)。

本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ

大神神社(三輪神社)

本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ
昨日の日曜日は奈良の大神(おおみわ)神社へ行ってきました。
私は「みわさん」とか「三輪神社」って呼んでるので「大神(おおみわ)神社」っていわれるとピンとこないんだけど^^。

2011年以降、体調不良がたびたび起こっていてあちこち病院へ行っても原因わからないし、それで三輪神社へ行くようになりました(最後の神頼み?^^)。
それから毎年お礼参りとお札の交換(崇敬神社としておまつりしてます)もかねて参拝へ行っています。


三輪神社はあの森をくぐっているかのような道を歩くだけで落ち着くので大好きです。


そして奥のほうのちょっと山を登った感じの先には「狭井神社(さいじんじゃ)」っていう「薬の神様」「病気平癒・身体健康の神様」があります。
そこでは「ご神水」が湧き出ていて、お持ち帰りもできるので空のペットボトルを毎回持参で汲ませていただいてます^^。(帰ってから温めて飲んでます)
そしてその帰り道に続く展望台へ行ってそこからの景色を眺めて、帰路につくっていうのがだいたいいつものコースです。

↑展望台からの景色

三輪神社は三輪山という山がご神体そのものなので本格的に入山登拝というものもあるのですが、まだ経験したことがありません。


それがなくてもちょっとしたハイキングな散歩(自然いっぱいで)をした気分になれるので参拝したあとはすがすがしくなります^^。


三輪神社は昔、両親と一緒に行ったことがあってその時からすごく印象に残ってて。帰りに三輪そうめんの「山本」で(当時そこに三輪山の伝説をすごい熱い思いで語って教えてくれたおじさんがいたんだけど今はどうしていらっしゃるでしょうか?)そうめんを食べて帰るっていうのが定番で^^。でも母はヘビが苦手なので三輪神社はちょっと苦手みたいだけど。



今年は久しぶりに明日香村にも行きたいな。ここ何年か行けなかった気がする。
明日香村も大好きです。落ち着きます。
やっぱ元奈良人だから奈良は落ち着くのかな?
大元は大阪人なんだけど(笑)





今年にはいってから体調がイイです!!去年の10月くらいから過呼吸の軽い症状がで始めたり、年末まで腹痛とかあったりでヤバイなって思ったんだけど。

でも今年になってから大丈夫!^^。体調安定!!
貧血用の薬を飲み始めてからましになったような気がします。(マスチゲンとかファイチとか)
低血圧で血が薄くて(ヘモグロビンがいつも少なめ)血の巡りが悪いからそのせいかと思って飲み始めました。
それがビンゴだったのかな。

過呼吸の症状が出始めてからダンナさんに実家までお迎えにきてもらったり、いろいろ面倒かけてました。(もう大丈夫!って思いたい…)
三輪神社へも毎回運転して連れてってくれます。
本当にありがとう。ダンナさま^^
本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ

日常4コママンガ

本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ


あやうく本当の殺人事件が…!!(笑)。




金田一少年の事件簿」大好きです。^^たぶん全巻持ってます(ノベルス以外)

推理モノ、ミステリーものが昔から好きで、ゲームソフト類ももっぱら「推理アドベンチャー」ばかりでした。
ポートピア連続殺人事件からハマリ、神宮寺三郎シリーズ(新宿中央公園殺人事件は解決できなくて><。「時の過ぎゆくままに」が好きでした。今の神宮寺の絵は苦手です…。)、
オホーツクに消ゆ(これでブラックジャックを初めて覚えた)、
西村京太郎シリーズ(ブルートレイン殺人事件他)、山村美沙シリーズ(京の花の密室殺人事件他)、藤堂龍之介シリーズ(パソコンソフトのみだったけど←そのためにメモリを増設しました。32M(メガ)を64Mにですよ。いつの時代だ…)も好きでした。
サウンドノベルという新しいジャンルの「かまいたちの夜」というソフトが出たとき、どーしてもしてみたくって、スーパーファミコン本体を思い切って買った覚えがあります^^。でも怖すぎた(笑)。


なんか古いゲームの話になってしまいました(汗)。ホント昔はしてたけど、さすが今はしないなあー。。今のはもう進化しすぎて何がなんだかわからないかも(笑)


って話は戻り^^
金田一少年の事件簿」、全巻置いておくか悩みどころです(かさばりすぎて)。いつか娘(小2)が読むかなーと思いつつ。
でも子供にすすめるなら「探偵学園Q」のほうがいいかなー。(これも大好き。案外コレのほうが好きかも)



ちなみに
これから推理ものを読む人に、先に犯人を教えるのは絶対ダメです!冗談にならない冗談です。やめましょう(それは私^^)
本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ

阪神・淡路大震災20年

本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ
阪神・淡路大震災が起きてから明日でちょうど20年なんですね。

毎年近所の昆陽池公園で6434本(犠牲者数)のろうそくを灯す追悼の集いが開かれているのですが、今回初めて家族で参加してきました。


灯すろうそくをその場で自分で作るので(最初は芯の部分だけもらって、何度も列に並び、溶けたロウにひたして太くしていくって作業)、気づいたら約1時間半たっていました。


それにしてももう20年もたつんですね。ということは私もちょうど20歳だったのかな。短大の2年生でした。
私は奈良に住んでいたけれど行ってた学校が西宮市だったので、卒業式まで学校は閉鎖になりました。校舎も壊れていたし、いつも乗ってた阪神電車も横倒しになってたし、先生も生徒も被災してる人が多かったので、休校状態になるのは仕方なかったです。


あと私のおばあちゃん(母方)が神戸に一人暮らししていたんだけど被災しました。家は全壊でした。でもおばあちゃんは助かりました。(目の前の家の方は亡くなってしまったんですが)
それで奈良の家におばあちゃんは引っ越してきました。でもやっぱり身も心もショックだったみたいで1年たつかたたないかの頃に亡くなりました。
あれだけ元気にがんばって一人暮らしして過ごしてたのに…震災がなければもっと長生きしていただろうな、と思います。

だから最後の一年は一緒に住んでいたんです。でも普段あまり思い出す機会がなくて。けど今日は阪神・淡路大震災関連のニュースを見てたらおばあちゃんのこと思い出してきて。



政治関連の記事(神戸空港建設のことにおばあちゃんよく怒ってた)や気に入った記事があるとはさみで切り取ってスクラップ帳に貼り付けてたおばあちゃん。
お気に入りのラジオ番組にハガキで感想を書いて出していたおばあちゃん。
絵を描いたり鍵盤を弾いたりができて、美しいものが好きだったおばあちゃん。



いろいろなおばあちゃんを思い出します。


そしておばあちゃんの言葉で今でも一番心に残っているのが



「一日に10回感動しなさい」



この言葉は忘れられないです。


そう。私にとって阪神・淡路大震災のニュースを聞いて思い出すのはおばあちゃんで、忘れちゃいけないのはおばあちゃんのこの言葉かな。
本家サイト・赤ちゃんと子どもの似顔絵屋さん「cAnvas×cAnvas(キャンバスキャンバス」へ